短期賃貸物件を上手に利用しよう

あとで読む

賃貸物件の様々な種類

賃貸物件というと、きっと多くの方はアパートやマンションを連想するでしょうが、建物や賃貸形式によってその他にもいくつかの種類があるのです。
まずは一般的に知られているマンションですが、基本的に3階建以上で鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリート・鉄骨造りの分譲や共同住宅です。
タワーマンションと呼ばれるような高層住宅をイメージする方も多いでしょうが、基本的に3階建以上であれば良いようです。
セキュリティー・防音性・設備などの面で優れた比較的新しい物件が多いので、綺麗で新しい建物と考える人が多いです。
最近では、建築家のこだわりが押し出された斬新的なプランのデザイナーズが人気で、その影響もあるかも知れません。
外壁がコンクリートの打ちっぱなしやキッチンが部屋の中心にあったり、広いワンルームであったりしておしゃれ感を感じさせます。
他と比較すると家賃は高いのですが、入居待ちの人が出るほど人気の物件もあるようです。
一方アパートは、基本的に木造や軽量鉄骨構造で2階建て以下の共同住宅です。
比較的古い物件でセキュリティーや防音性に劣るイメージが持たれていますが、家賃の相場が安いので経済的には大きなメリットがあります。
ですから、多少古くても安くて広い部屋を希望する場合には向いている物件といえるかも知れません。
その他、コーポやハイツという言葉もよく耳にしますが、実はマンション・アパート・コーポ・ハイツには決まった定義はないようです。
一戸建て賃貸は、その名の通り共同住宅ではなく一軒家を丸ごと借りる賃貸物件です。
丸ごと借りることで住宅購入資金がなくても、広くて充実した住環境を得ることができます。
ただ、やはり古い物件が多いためにセキュリティー面などでは劣ることがあります。
ウィークリー・マンスリーマンションと呼ばれる短期間借りる賃貸物件もあります。
週単位や月単位で借りる賃貸物件で、短期間の出張や受験シーズンなど一時的な滞在などに利用されるケースが多いです。
家賃はワンルームの相場の1.5〜2倍程度と高いですがホテルと比較するとお得ですし、家具・家電などが揃っているので気兼ねなく生活できるメリットがあります。
あと、ウィークリー・マンスリーの高級版といった感じの「サービスアパートメント」というのもあります。
賃貸物件での生活を基本としながらもホテルのようなサービスを受けられるシステムで、ホテルより堅苦しくなく便利なサービスを利用できる魅力があります。
このように賃貸物件といっても様々種類があるので、生活スタイルや目的などにより理想的な住まいを選ぶと良いでしょう。